血液検査で子宮卵巣がんの可能性が見つかる!

子宮体がん、卵巣がんは厚労省のがん検診ガイドラインには含まれていない為、人間ドックや健康診断での検診などでオプション受診することになります。人間ドックや健康診断では取扱いは無い事が多く、あっても血液検査が主流となります。ここでは、血液検査についてご紹介します。
子宮、卵巣の検査としては、血液検査(CA125)、(CA19-9)が有効です。検査費用は、それぞれ2000円程度となります。
CA125は卵巣がん、子宮がんに特異な反応を示す腫瘍マーカーです。CA125腫瘍マーカーは卵巣癌で約80%の陽性率を示します。その他に子宮内膜症や子宮筋腫でも腫瘍マーカーは上昇します。卵巣以外の多くのがんでもCA125腫瘍マーカーは上昇します。
CA19-9は膵臓がん、胆道がんなどで特異な反応を示す腫瘍マーカーですが、卵巣がん、乳がん、肺がんなどでも腫瘍マーカーは上昇します。
2つの血液検査を使うことで、より精度を上げた結果を導き出すことができます。この検査はスクリーニング(ふるい分け)ですので、異常と判断された場合は、触診、細胞診などの精密検査を受診することになります。
子宮がんは、子宮頸がんと子宮体がんに分けられ、子宮体がんの割合は約40~50%と言われています。子宮体がんは、内膜がんとも言われ、胎児を育てる場所である子宮内膜に発生するがんです。発生場所が子宮の奥であることから、発見しにくいがんということを知っておきましょう。
子宮体がんに罹患する割合は、40才代から増加傾向にあり、50~60才代がピークと言われています。閉経前後が発生しやすい時期ということです。
卵巣にできるがんのうち、多くを占める「表層上皮性がん」は、40~50代の女性が多く発症します。50代前半の閉経前後が発症のピークといわれています。
卵巣は、肝臓と同じく「沈黙の臓器」と呼ばれています。卵巣は、子宮の両側それぞれに1つずつある、直径2~3センチの小さな臓器で、腫れても症状が出にくく、腫瘍の早期発見が難しいことからこの様に呼ばれています。卵巣は腫瘍ができやすい臓器ですが、約85%は良性です。しかし悪性に変化するものもあるため、注意が必要と言われています。
子宮体がんの発生原因は、エストロゲンという女性ホルモンに関係するものが、多くを占めています。約8割がエストロゲンの刺激が長期間続くと、がんになると言われています。
エストロゲンが原因と考えられるがんは、肥満、高血圧、糖尿病、月経不順、不妊、出産経験が無い、閉経が遅い、などに該当する人の場合には、子宮体がんになるリスクが高くなることがわかっています。
女性の体内では、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つのホルモンがバランスを保っていますが、このバランスが崩れ、エストロゲンが過多になるとがんの可能性が高くなります。
食生活の欧米化による肥満や糖尿病の増加、出産年齢の高齢化や不妊症の増加により、子宮体がんの発症数が増加しています。しかし、早期であれば治る可能性は高いものですから、定期的に検査を受診し、早期発見に努めるのが良いでしょう。
子宮体がん、卵巣がんは、乳がんなどに比べれば、発生頻度が少ないということからか、厚労省の推進するがん検診項目では無いため、人間ドックや健康診断では検査の取り扱いが無い場合があります。
しかし、血液検査(CA125)、(CA19-9)であれば、取り扱っているところは比較的多く、受診が簡単ですから、積極的に受診されるのが良いと思います。