人間ドックと健康診断の違いとは

人間ドックと健康診断の大きな違いは、人間ドックは法的な義務は無く、健康診断は企業が正規雇用従業員に対して1年に1回受診させる義務があるという事です。

企業によっては、35歳以上は人間ドックを受診し、それ以下の若年層は健康診断を受診するなど、企業の加入する保険組合の制度の中で取り決めている場合もあります。

人間ドックとは、見た目では体に異常や故障が見受けられない人を対象に、どれぐらい健康であるかの判定および、潜在的な病気が無いかを早期発見することを目的として、短期で集中して行う検査や診察のことを言います。

検査項目としては、血液検査、尿検査の一般的な検査の他に、消化管のエックス線撮影、直腸のエックス線撮影、泌尿器科、産婦人科の検査などがあります。消化管、直腸については内視鏡(カメラ)の検査と置き換えて受診する場合もあります。数日かけて検査する機関もありますが、近年では検査を簡略化して1泊2日、1日の検査が主流になっています。

人間ドックは、受診者本人が体調不良の自覚症状が無い状態で検査を受ける為、基本的に健康保険を適用できません。検査料は実費で支払うことになります。また、受診する医療機関によって金額の幅があります。

同じ部位を違う検査方法で2重にチェックするなど、いろんな検査方法を組み合わせて行う事もありますので、検査項目が増えれば価格が高くなります。同じ検査項目であっても、医療機関によって価格が異なるのは、より多くの人が受診できるようにと考える医療機関では価格が低い傾向があり、専門医を多く揃え、より高度で細かな診断結果を提供しようと考える医療機関では価格が高くなる傾向があります。

人間ドックの受診は法的な義務は無いので、検査項目は自分で決める事ができます。自分の予算と、受診したい検査項目や、医療機関のサービス内容を確認して、自分にあった医療機関を選ぶ事になります。

健康診断は、企業が正規雇用従業員に対して行う義務があり、費用は企業が負担するものと法律で定められています。検査項目は、血液検査、尿検査、身長、体重、視力、腹囲、聴力、胸部エックス線撮影、喀痰検査、血圧、心電図となり、人間ドックに比べて少ない項目の検査となります。

検査内容の人間ドックと健康診断の大きな違いは、検査項目数です。人間ドックは圧倒的に多くの検査項目があります。それに比べて健康診断は、労働基準法で定められた必要最低限の検査項目となりますから、まんべんなく体の健康をチェックするには、足りない部分があります。人間ドックであれば、その不足部分を受診することで、全身の健康チェックを行うことができます。

人間ドック、健康診断は、病気予防の為の検査ですから、健康保険の適用外となります。会社が負担してくれる場合は無料となりますが、個人で受診する場合は自由診療とみなされ、自費となります。ただし、受診した人間ドックで異常所見が見つかった場合は、健康上必要な検査だったとみなされ、所得税等の医療費控除の対象とすることができます。

1.水素水お試し隊 | メディアで話題の『水素水デトックス』を比較体験してみました。
メディアで健康に良いと言われている水素水を試した体験について書かれています。

2.車椅子の視線から…脳出血から2度生還して…
2回目の脳出血を乗り越えて車椅子で気丈に生活している管理人さんのホームページです。

3.[MENZ AVENUE]男のアンチエイジング体験隊【メンズコスメ/スキンケア/スカルプケア/メタボ対策 他】
中年以降の男性の方のために、健康や美容のポイントを教えてくれるサイトです。

4.人間関係と恋愛を科学する雑学サイト-Little Riffle(リトルリフル)-
対人関係に悩む方のために、人間関係を独自の視点から説明してくれるサイトです。

5.幸せ引き寄せ宇宙の法則
幸せになるための様々なアドバイスが記載されています。悩んでいる方はぜひ覗いてみてください。

6.心と身体の癒しのページ
ストレスだらけの社会の中で、いかに心と体の健康を保つべきか綴られています。

7.更年期障害の東洋医学的養生法
更年期障害はとても苦痛なものですが、それを東洋的手法の観点から改善して行こうというサイトです。

8.I like music! ~Dorothy’s Room~
強迫性障害を患いながら、趣味等を楽しんでいる管理人さんのホームページです。

9.株式会社ムツコ
健康と美容を守るためのサプリメントをはじめ、様々な製品を販売しています。

10.肥満からの脱出作戦(ダイエット苦戦記) — 肥満目線で考えるダイエット —
長い間肥満から脱却できず悩んでいた管理人さんが、どんな人でも続けられそうなダイエット法を紹介しています。

11.自宅療養研究所
遠隔ヒーリングという手法で、病気や怪我に苦しんでいる方々を助けています。