眼に頼っている生活だからこそ、眼圧チェックは忘れずに!

人にとって眼は、すべての情報を取り込む為に欠かせない、重要な器官です。眼が見えなくなることは、その人の人生を大きく変えてしまう可能性がありますから、眼のチェックは定期的に行うことが大切です。
眼の検査には、眼圧検査を行います。眼圧とは、眼にかかる圧力です。この圧力を計測する事で、眼病の可能性を調べます。検査料金は実費で800円~1500円程度になります。検査方法は、眼圧検査機に顔を置いて、眼を開けた状態で眼球に風を当てて検査します。数秒間、眼を開け続ける必要があり、風圧が怖くて目を閉じてしまう人も多いのですが、検査自体は一瞬で終わります。
眼圧の正常な値は、5~20mmHgとなっています。人間ドックや健康診断、通院受診時では、正常値の基準に若干の違いがありますが、それでも21mmHgを超える値を示す人は、眼圧が異常値であると評価されます。この場合は、精密検査で眼に病気が無いかを調べることになります。
高眼圧は、眼に強い圧力がかかっていて、眼がパンパンに張った状態です。眼が常に緊張状態であると、眼内の血流を阻害しやすく、緑内障などの重大な病気を引き起こす可能性がある為、眼圧の高さをチェックすることは、病気発見のきっかけになります。
眼の病気は沢山ありますが、特に症状が重い病気には、緑内障、網膜剥離、黄斑変性症などがあります。
緑内障は、眼圧が高いことで眼の視神経の血流が阻害され、視野欠損や視力低下が起こります。一度欠損した視野は治療で修復することができない為、そのまま放置すると失明します。日本での緑内障の発生世代は40代頃で、若年化しており患者は増加傾向にあります。
網膜剥離とは、網膜から神経網膜が剥がれることを言います。視力が低下します。網膜の部位はピンポン玉で考えると判りやすいと思います。どこか一か所にしるしを付けた所を角膜とします。その真裏が網膜です。網膜は、カメラでいうとフィルムに例えられることが多く、眼で見た映像を神経信号に変換し、脳中枢へ伝達する役割を持っています。
網膜剥離は、特に痛みを感じない為、発見が遅れることも多く、ひどい場合は失明の恐れがあります。
網膜剥離の前兆には、飛蚊症(黒い糸くずの様なものが沢山見える)や、光視症(眼に光が当たっていないのにまぶしく感じる)の様な症状がでる場合があります。
黄斑変性症は、アメリカで失明率が1位と言われている病気で、日本でも患者数が増えています。症状は、ものがゆがんで見えたり、中心部がぼやけたり、視界が狭くなります。この病気は、眼球内に作られた新たな血管が破れることにより出血し、視神経にダメージを与えます。出血を繰り返すことで、視力が低下し続け、放置しておくと失明の可能性があります。発病の理由には、生活環境や食生活の欧米化などが指摘されています。
眼の病は、糖尿病とも密接に関係があり、糖尿病による網膜剥離などもあります。また、高眼圧でなくても、緑内障などの病気を発病することがありますので、眼圧が低いから大丈夫というものではありません。
眼は他の臓器に比べて、健康診断を受ける機会の少ない器官であり、他の臓器の影響を受けて発病する場合も多くありますから、定期的な眼圧検査は是非受診するほうが良いと思います。