まずは、自分の乳房を触ってセルフチェックがとても大切!

乳がんは、早期発見できれは治癒しやすいがんです。早期発見の為には、定期的に検査を受診することが大切ですが、それと併せて、自分の乳房を触っておこなう、セルフチェック(自己検診)がとても有効です。
乳がんは40歳代以上でなりやすいと言われていますが、近頃では30歳代での発病も増加傾向にあります。しかし、国が推奨する乳がん検診は、40歳以上が対象となっていますから、現在、30歳代の人が乳がん検診を受ける機会は少ないのです。また若年層ほど、がんの進行が早いとも言われています。
日頃からセルフチェック(自己検診)することで、自分の乳房の変化を意識することがとても大切です。
セルフチェック(自己検診)は毎月1回、生理が終わってから一週間後ぐらいでチェックするのが良いタイミングです。生理前は乳腺が張りやすいので、しこりの様に感じたり、痛みがある事が多いので、正確な判断ができないことがあります。
閉経後の人は、いつおこなっても構いませんが、例えば毎月1日を「チェックの日」とするなど、日にちを決めて行うとセルフチェックを忘れません。定期的にチェックすることで、ふだんの乳房の状態がわかり、変化に気づきやすくなります。
入浴時のセルフチェックの方法は、指をそろえて、指の腹で静かに軽く押さえながら渦巻き状に、撫でながら、しこりなどの違和感が無いか調べます。せっけんを手に付けると滑りがよくなり、調べやすくなります。
あおむけに寝るセルフチェックの方法は、触診する位置により腕の位置を変えます。
乳房の内側を触診する時は、腕をあげて、指の腹で撫でます。
乳房の外側を触診する時は、腕を自然な位置で下げた状態で、指の腹で撫でます。
わきの下を触診する時は、自然な状態で腕を下げて、指の腹で撫でます。
乳頭を触診する時は、乳頭を軽くつまんで、分泌液などが出ないかを確認します。
目視でチェックする場合は、鏡の前に自然な状態で立ち、両方の乳房に違和感がないかよく観察します。乳房にひきつれ、大きさの違い、ただれなどが無いかを確認します。
セルフチェックで、気になるしこりなどが見つかった場合は、乳腺科を受診しましょう。
しこりと感じたものすべてが、がんではありませんので、過度な心配をせず、落ち着きましょう。しこりの原因には、乳がん,乳腺の良性腫瘍(しゅよう),乳腺症,皮下脂肪のかたまりなどがあります。がん以外のものは、ほとんどが治療の必要はありません。
乳がんは女性特有の病気ですので、婦人科の専門と思われがちですが、乳がんは乳腺科で受診します。医療施設によっては、産婦人科病院の中に、乳腺科を併設しているところもあります。自分の周りに乳腺科を受診できる病院がどこにあるのかを知っておくと良いでしょう。
セルフチェックは、いつでも簡単にできます。そして、自分だからこそ気付ける変化があります。それが、早期発見につながります。定期検診の合間は、セルフチェックで自分の乳房を守りましょう。